男性も占いをする時代

女性は占いが好きというイメージがある一方で、男性は占いをあまり信じない人が多いというイメージがあります。
それは占いは科学的根拠がなく、男性の方が頭で物事を考える理系タイプの男性が多いからと言えるのかもしれません。
また女性の方が人に悩みや相談をする事に抵抗がなく、特に恋愛相談で占いを利用するのが多いのです。
男性は人に自分の弱みを見せる事に抵抗を感じますし、女性ほど恋愛に対して楽しむ事をしていません。

それに、仮に男性が占ってもらいたいと内心では思っていたとしても、女性客ばかりの占いのお店の行列に男性が並ぶという事は、非常に目立つ行為で勇気が出ないという人も少なからずいたでしょう。
そのため、占いがネットで利用できるようになってから、占いを利用する男性が急増しているのです。

もともと男性の方が他人に弱みを見せる事が出来ないからこそ、一人で悩みを抱えがちなのです。
それに仕事の事などは、家族を養わなければいけない男性の方が、責任感があり、悩む傾向が高いのかもしれません。
また結婚を申し込む、住宅を購入してローンを組むなど、大きな決断をしなければいけない機会も女性よりも多いのかもしれません。

大企業の社長や、政治家などの偉い先生は、日々決断の連続です。
そのため、当たると評判の占い師をお抱えにしているなんて事はよくある事です。
それに占いの歴史を遡ると、国や政治、そして戦の時など、占いを取り入れてきたのは男性なのです。